東京での貸店舗は二店目です

兄貴と二人で経営している喫茶店は大分前から借りている貸店舗を利用しています。

東京なので、地価なども高く、とても自社ビル?みたいなわけも行きません。

はじめは何の不便さもなかったんですが、だんだん軌道に乗ってきて、おかげさまで、固定のお客さんも多くなっています。

元々は1人でやっていきたかった私も、資金を出して貰った兄貴と一緒に始めなければなりませんでした。

従業員も増えてきて、貯金も貯まったので、この店は兄貴に譲って、東京都内で新しく独立しようと思いました。

そうなってくると、一刻も早く自分の店が持ちたくて無理矢理都心行きの理由を作っては不動産屋巡りをして、半年くらい経ったときにやっと理想と思える貸店舗の物件を見付けることが出来ました。

店が休みの時に兄貴も連れて行ってみせると兄貴も気に入ってくれました。

となりの住居用の物件も同じ大家さんだったので、そこも賃貸してしまいました。

今は仕事を放り出してレイアウトを考えている毎日です。

貸店舗で初期費用が安く済みました、東京でも

東京に事務所を立ち上げることになりました。

地方から東京への初進出なのですが、いざ物件を探してみると、その価格は田舎とはだいぶ違ってとても無理でした。

このままでは開店、即倒産とかして仕舞いそうです。

仕方がないので、計画を修正して、貸店舗や貸オフィスを探して立ち上げることにしました。

やはり東京とは言え、分譲物件に比べたら賃貸の貸店舗ははるかに安く付くようです。

初期費用としては、失敗してもローンが残る分譲よりも貸店舗の方がダメージが無いでしょう。

儲かってから分譲、果ては自社ビル。

を目指せば良いのです。

幸いにも近くの不動産屋さんが、こういった貸事務所や貸店舗が得意な会社だったので、豊富にあった物件の中から事業規模に合った最適な物件を借りることが出来ました。

この貸店舗を旨く利用して、無事に田舎からの東京初進出を成功させて次のステップである自社ビルを購入。

東京で貸店舗みつけて店を出したい

と言う夢に向かっていきたいと思います。

田舎者の夢は膨らんでいきます。